A label and a seal

シール1

シールは各企業でも使うことも多くなってきましたが、一般の方でも頼める業者は数多くあります。

シールについて

えーっと、逃亡した管理人の代わりに、私「A」の説明です。ご了承ください。・・・あのやろう管理人、いつかこけしと一緒に埋めてやる・・・。

トップページでも管理人が言っていたように、シールは漫画やアニメのキャラクターを表しているのが多かったんですが、今は会社のロゴなどにも使われているのを良く見かけますよね。シール自体は大きさや色の種類、その他もろもろによってっも、変わってきますが、安ければ40円台からだそうです。もちろん会社にもよるでしょう。お菓子などで、一緒に入っているおまけとして入っているのを考えれば、どれくらいかはなんとなく分かると思います。ただ、最近は、おまけ目当ての方もいるようですけど。

シールの材質

それはさておき、シールはいろんな材質の紙を使って、いろんなのりを使って作ります。その材料を、紹介していこうと思ったんですが、そんなの見てもつまんないと思います。しかし、これを見て買おうか悩む人もいるかもしれませんので、どういう特質、オススメの使い方を紹介しようと思います。

材料名

特質

オススメの使い方

上質紙

「上質」ですが、それでも、光沢はなく、ザラザラしている紙です。しかし、他の材料の中では、最も安く作ることが可能です。

紙ですから、水の合う場所ではオススメできません。基本的には、食品の「何%引き」やラベルとして使うほうが向いているでしょう。

ホイル紙

ホイル紙の場合は、紙の上にホイルが貼り合わせてあります。折り紙にたまには言っている金と銀がシールになったと考えてもいいかもしれません。

お店の封かんシール、プレゼントのリボンシールが有名でしょう。エンボス効果では最も使えます。紙ですから水のある所ではオススメできません。

ミラコート紙

表面に光沢があって、つやつやしています。文字を書く場合には、油性ペンを使うことを忘れずに。

上質紙より見栄えが良く、手触りもいいので、基本的に、商品シールなどに使用されています。上質紙より高いですが、比較的安いようです。紙ですから水のある所ではオススメできません。

和紙

あまり使われませんが、他の物と一味違う味わいが出てくるでしょう。ホイル紙を上に貼り合わせるなどの、使用例もあります。

商品シールや千社札などに良く使われます。和紙なので、和風のイメージをかもし出します。紙ですから、以下略。

ユポ

材質はプラスチックなので、水がある場所などでも、問題なく使えます。表面は光沢がなく、基本的に白色です。価格も安めです。

水があるような使えるので、ステッカーなどにも良く使われます。価格もそんなに高くないので、水のある場所で使う場合に使用するといいでしょう。

テトロン

ポリエステルを使ったものですので、水のある場所でも使えます。色も白色の他にも、金色、銀色、透明などたくさんの種類があります。

熱などに強いので、品質の厳しい所でも問題なく使うことができるでしょう。ステッカーとしてる買う場合には、ラミネート加工をしましょう。

材質はこれらの他にも、いろいろありますが、基本となるのは、この5種類です。大抵の企業では、この5種類はそろっているでしょうが、他の材料を使いたい場合には、企業側に問い合わせて見ましょう。

「シール2に進む

pickup

出生前診断におすすめの東京のクリニック5選【染色体検査等に対応】

Last update:2018/10/24